あじさい(紫陽花)の花言葉と特徴と由来

あじさい

あじさいといえば青い花という印象が強いと思います。
もちろん、紫、ピンク、白とそれぞれのアジサイがあります。

あまり知られてはいませんが、あじさいには毒があるので、少し注意が必要です。
過去に、料理に添えられたあじさいの葉を食べ、食中毒になった例が数件あるのです。

スポンサーリンク

あじさい(紫陽花)という名前の由来

冒頭にも青い花の印象ということから、
あじさいの”あじ”=”集まる”が変化したもので、あじさいの”さい”=真藍(さあい)が変化したものとなります。

これが重なって、”あじさい”となったのです。
「青い花が集まって咲いている」という、あじさいの花の姿からきているということになるのです。

また、江戸時代に長崎オランダ商館の医官として滞在したドイツの博物学者シーボルトは祖国にアジサイを持ち帰り、愛する「お滝さん」=シーボルトが愛した日本人女性の楠本滝(くすもと たき)にちなみ、花の大きい一品種に「オタクサ」と命名しています。

このことから、アジサイの花言葉には『辛抱強い愛情』というものもあります。

※シーボルトは国外追放を受けたことで帰国

あじさい(紫陽花)の花言葉

あじさいの花言葉はたくさんあります。
それは、あじさいがさまざまな特徴をもつことから由来するものだと思います。

あじさいのネガティブな花言葉

例えば、あじさいの花は成長とともに色の変化があります。
咲いたばかりのあじさいは淡い黄緑色をしています。
それが成長とともに、→クリーム色→青→紫と変わっていくのです。

このあじさいの成長に重ねたと思われる『あじさいの花言葉』が、

『移り気・浮気・変節・ほらふき・無常・冷淡・自慢』

という少しネガティブ・マイナスのイメージの花言葉です。
また、青や紫からの色によるものもあるのだと思います。

あじさいのポジティブな花言葉

『元気な女性・仲良し・友情・家族団らん・平和・団結』

など完全に真逆の花言葉があります。
これは、あじさいが寄り集まって花を咲かせることから由来しています。

あじさいの白い花だけの花言葉

白いあじさいだけの花言葉があります。

『寛容』

あじさいの花は一般的に成長とともに色の変化がある花となりますが、
白いあじさいは咲いたときから枯れるまで白一色で一生を終えることになります。

色にまつわる花言葉の反対をついた、変化を受け入れるという意味での花言葉なのではないでしょうか。

あじさいの種類

あじさいには色々と種類もあります。
その種類を最後に紹介します。

セイヨウアジサイ

街中で一番よく見かけているあじさいがこのセイヨウアジサイと呼ばれる種類のものです。
日本原産でヨーロッパで品種改良が加えられたものとなります。

ガクアジサイ

日本原産のアジサイとなります。
ガクアジサイだけの花言葉があり、『謙虚』です。

まとめ

あじさいの時期は”夏”です。
開花時期も6月~7月で、一般的に出回る時期としては2月~6月となります。

さまざまな花言葉が存在するアジサイですが、
アジサイに限らず、花言葉というものは色々な面がある花も多数あります。

プレゼントする相手によっては気にする人もいるかもしれませんが、
プラスの花言葉を信じればいいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加