薔薇・バラの花言葉の本数や色の意味

ばら

花言葉の中でも薔薇(バラ)には本当にたくさんの意味があります。
バラの本数や色によってもさまざまな意味があるのです。

バラの花を知らないといった人はいないと思います。
ですが花言葉になるとどうでしょうか?

バラの花の贈り物をすると考えた時に、
花束でプレゼントした方が豪華だなと安直に考えてしまうかもしれません。

しかし、安直な考えであれば、もう少し考えた方がいいでしょう。

あなたの気持ちとは相反した意味合いが、そのバラの花束には含まれている場合があるかもしれませんよ。

最近ではバラを使った口臭エチケットサプリメントも登場しています。

レディーズローズダマスクローズオイルで消臭対策

スポンサーリンク

薔薇・バラの花言葉

バラの花言葉の基本は、”愛”・”恋”・”美”が中心となっています。
やはり、美の女神のビーナスの花といわれる由縁でしょう。

伝記では、女神の流した一粒の涙から薔薇は咲き出したといわれいるのです。
ロマンチックですよね。

薔薇・バラの花言葉 色の違い

冒頭でも書いていますが、バラの花言葉は色によって違います。
バラの花をプレゼントすることがあるならには覚えておきましょう。

バラの色の濃さ(強さ)などでも少しずつ意味の変化もあります。
また生き生きしているバラ、枯れている(萎れている)バラでも花言葉は違うものとなります。

赤いバラ・レッドローズ

バラの花では最もポピュラーでしょう。
花言葉は『あなたを愛します・私を射止めて』

ピンクのバラ・ピンクローズ

『恋の誓い・満足・一時の感銘・愛している・赤ちゃんができました・感謝』

あなたが結婚をしていて、旦那さんだったとしましょう。
奥さんからピンクのバラを渡されるところを想像して下さい。
幸せでいっぱいになりますね。

黄色いバラ・イエローローズ

『笑って別れましょう・恋に飽きた・友情・愛情の薄らぎ』

黄色いバラはマイナスの好意とは真逆の花言葉が込められています。
プレゼントをするのもされるのも注意が必要です。
しかし、単純に黄色いバラが好きだという人にはプレゼントすることはいいと思います。

オレンジのバラ・オレンジローズ

『絆・信頼・健やか』

友達に送るバラになると思います。
絆や信頼はプレゼントされた方は嬉しいでしょう。

白いバラ・ホワイトローズ

『心からの尊敬・私はあなたにふさわしい・生涯を誓う・恋をするには若すぎる』

プレゼントをする相手によって意味合いが変わってくるのが白いバラです。
考えの浅い人や理解力のない人へプレゼントする色としては少し難しいかもしれません。
花言葉を知っていると皮肉ととられる可能性もありますね。

青いバラ・ブルーローズ

『夢は叶う・神の祝福』

私は青いバラの花言葉が一番好みです。

元々バラには青い色素はありません。
しかし、2004年にサントリーが世界で初めて青いバラの品種改良に成功したのです。
2004年までの青いバラの花言葉は『不可能』だったといいます。

実際には青いバラは存在しません。
どこか儚いですね。

緑のバラ・グリーンローズ

『穏やか・あなたは希望を持ちえる』

プレゼントとしても、部屋に飾っておくのにも、ベストなバラですね。
緑のバラは非常に珍しいバラです。

薔薇・バラの本数

バラは色だけではなく、花束にする場合には本数にも気をつけなければいけません。
バラの本数で、あなたの伝えたい気持ちは変化するのです。

バラの花束(本数)の 花言葉

1本=『一目惚れ』
2本=『この世界は二人だけ』
3本=『愛しています』

11本=『最愛』
99本=『永遠の愛・ずっと一緒に居よう』

108本=『結婚して下さい』
999本=『何度生まれ変わっても貴方を愛します』

バラの花束は本数と組み合わせに注意

バラの本数は色のとの組み合わせも非常に重要です。
999本のバラをプレゼントする時に白いバラや黄色いバラ(花言葉)は一般的に考えておかしいですよね?

薔薇・バラの花言葉

バラの色の意味を知ると、安直にプレゼントすることの怖さを知ることができたと思います。
しかし、花言葉の意味を知ることで、知る前よりも花をプレゼントしたくなりませんか?

追記-実は世界では黒いバラが咲く国があるようです。
参照:トルコのユーフラテス川流域のハルフェティでは黒いバラが天然で咲く

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加