マーガレットの花言葉や色による違い、恋占いは成就する花びらは奇数が多い

マーガレット

マーガレット=キク科モクシュンギク属

マーガレットの別名には”きだちカミツレ”という名前があり、
また、和名ではモクシュンギクと呼ばれます。

マーガレットといえば、
「好き、嫌い、好き、嫌い、好き・・・・」
と一枚ずつ花びらをちぎって花占いをしているイメージの強い花です。

どちらが先かは分かりませんが、
マーガレットの花言葉には『恋占い・真実の愛』など、
恋愛にまつわる花言葉が多く見られます。

ギリシャ神話との関係も深く、
純潔の女神アルテミスに捧げられた花となり、『誠実・貞節』という花言葉が由来しているといいます。

マーガレットの花の名前の由来は、
ギリシャ語で”マルガーリテス=真珠”が語源となっているとされています。

スポンサーリンク

マーガレットの花言葉

マーガレットの花言葉は、

『恋占い・真実の愛・愛の誠実・心に秘めた愛・信頼・貞節・誠実・予言・真実の友情』

などがあります。

西洋では、

『秘密の恋・信頼』

などがあります。

本当に恋愛に関するものが多いです。
友情や信頼という花言葉も恋の末のものかと想像させます。

恋愛にちなんだ花言葉からだとも考えられますが、
やはり結婚式のブーケの花に使用されることも多いといいます。

マーガレットの花の色

マーガレットは白が代表で基本種となります。
花びらが白で花芯が黄色です。

しかし、ほかにも、ピンク、黄色、オレンジ、赤など多種多様な色が存在しています。

花の色の違いによる花言葉も存在しています。

ピンクのマーガレットには、

『真実の愛』

黄色のマーガレットには、

『美しい容姿』

マーガレットの花を使った花占い

マーガレットの花びらをちぎり、
「好き、嫌い、好き、嫌い・・・」
と占っていくわけです。

マーガレットの花びらの枚数は決まっていません。
だから、本当に”好きor嫌い”のどちらで終わるかは予想できないのです。
しかし、マーガレットの花びらはほとんどの場合が奇数となります。

そのため、好きから始めることで好きで終わる確立が高くなるのです。
嬉しい結果が出るのです。

マーガレットの開花時期や原産国

マーガレットの開花時期は、3~5月となり最盛期も3~5月です。

原産国は、アフリカとなりカナリア諸島となります。
日本に初めて渡来してきたのは、明治時代末期の頃だそうです。

マーガレットは原産国からフランスにて園芸用に品種改良され、
英名では”パリス・デージー”という名前も持っています。

マーガレットは品種改良によって数多くの種類があります。

◆サマーメロディー

◆ドリームテトラ

◆パステルイエロー

◆メテオールレッド

◆ウォーターメロン

といったさまざまな種類のマーガレットが存在するのです。

マーガレット・誕生花

誕生花がマーガレットとなる日は多く、

『1/17・2/1・4/1・9/3・11/22』

の5日間になっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加