りんどう(竜胆)の花言葉と特徴

-りんどうの花-

「竜胆の花が風に揺れる~」
といったコブクロのMillion Films(ミリオンフィルムズ)の歌の歌詞にも登場します。

りんどう(竜胆)は秋の花として知っている人も多くいると思います。
敬老の日には日頃の感謝をこめて、りんどうの花を贈る人もいるのではないでしょうか。

あた、りんどうの花は”薬草”として知られています。
薬効の高い漢方薬にも調合されているのです。

スポンサーリンク

りんどう(竜胆)の花の特徴

りんどうの花はとてもデリケートな花となります。
少し手入れが難しい花なのです。

水がなくなると根は痛み、花は枯れてしまいます。
しかし、反対に水が多すぎても根が傷んでしまうのです。

また、りんどうの花は日光を好みます。
それゆえに日光が当たっている間は花を開かせていますが、曇りや雨の日には花を閉じてしまうのです。

りんどう(竜胆)の花言葉

りんどうの花言葉は、

悲しんでいるあなたを愛する・勝利・貞操・正義・誠実・寂しい愛情・的確

などがあります。

花言葉は花の色により違いがある花もたくさんあります。
そして、このりんどうの花も色による花言葉の違いが存在しているのです。

りんどうの花の色の違いによる花言葉

りんどうの花には”青・紫・白”などといった数種類の色があります。

紫のりんどうの花の花言葉

『正義・満ちた自信』

が紫のりんどうの花の花言葉となります。

白のりんどうの花の花言葉

『貞操・適確』

が白のりんどうの花の花言葉となります。

りんどうの花が敬老の日に選ばれる理由

世の中では、りんどうの花は敬老の日に贈る花の定番になっています。
その理由には、とても素晴らしい意味があるのです。

白寿というリンドウの花

りんどうの花には”白寿”と呼ばれる種類のものがあります。
白寿は”青と白のコントラストが綺麗”なりんどうの花の種類です。

”白寿”=99歳の誕生日

長生きを願うというところから、敬老の日にりんどうの花をプレゼントするのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加