チューリップの色の違いによる花言葉

チューリップの花は一番身近な花ではないでしょうか。
子供の頃から、”童謡のチューリップ”などで慣れ親しんでいる花ですね。

「赤~白~黄色~」となんとなく歌っていたと思います。
そんなチューリップの花の花言葉はご存知でしょうか?

さらに、チューリップの花には色による花言葉の違いがあります。
驚くかもしてれませんが、チューリップの花の色による花言葉は全然違います。

色のよる違いで全く反対の意味が存在するチューリップの花言葉もあります。
今後、あなたが大切な人へチューリップの花を贈り物として考えたときにしっかりと覚えておいた方がいいと思います。

スポンサーリンク

チューリップの花言葉と素敵な由来

チューリップの花言葉の基本は『思いやり』です。
ここだけ理解すると素敵です。

そして、オランダでは、さらに美しい言い伝えもあります。

ある日、3人の騎士から、美しい少女が求婚を申し込まれました。

その求婚にたいして、3人の騎士から選びきることが出来なかった少女が、
”花の女神フローラに自分を花に変えてもらうようにお願いした”といいます。

その花がチューリップで、その後に3人の騎士はそのチューリップを大切に育てたというお話です。
『思いやり』という花言葉に由来しているといいます。

春の花といえば、サクラが一番初めに思い浮かぶかもしれませんが、
チューリップも春の花となり、1年の中でも4月が最盛期となります。

赤いチューリップの花言葉

『愛の告白』

ピンクのチューリップの花言葉

『愛の芽生え・誠実な愛』

紫のチューリップ

『不滅の愛』

オレンジのチューリップ

『シャイ(照れ屋)』

緑のチューリップ

『美しい瞳』

素敵なチューリップの花言葉

色による違いでチューリップの花言葉は大変素敵です。
言い伝えもロマンチックで非常に素敵ですね。

しかし、まだ触れていないチューリップの花の色があります。
チューリップの花言葉は、冒頭でも書きましたが『思いやり』です。

思いやりも角度が変わると、こういった見方があるのだと思います。
相手のことを深く考えるあまりにとっていった具合でしょうか。

黄色のチューリップの花言葉

『望みのない恋』

白いチューリップの花言葉

『失われた愛・新しい愛』

色にかかわらず斑なチューリップの花言葉

『疑惑の愛』

黒いチューリップの花言葉

『私を忘れてください』

色の違いで怖いチューリップの花言葉

チューリップの花のプレゼントはかなり注意をした方がいいです。
色の違いで全く意味合いが変わってくるのです。

綺麗や可愛いだけで選ぶのは控えた方がいいと思います。
もちろん、花言葉の意味も理解した上で、チューリップの花が好きだという人へのプレゼントはいいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加